以前、僕のお店で何度もリピートしてお買い物をしてくれていた方に、しばらく見かけなかったので、気になってお手紙を出してみたところ、こんな返答を返してくれました。

「仕事や年齢のこともあり、あまりそういうのは着づらくなってきて。でも、見るのはすごく楽しいので、よく見させてもらっています。」

すごくきさくな方で、わざわざ手紙にして返してくれました。

勿論、それは悪いことではないし、
関係なく着ていけばいい。なんて開き直れれば楽だけど、
そう簡単なことでもないですよね。

あなたはこんなことを言われたことがありませんか?

「恥ずかしいからもっとまともな格好をして」
「一緒に歩きたくないからさっさと着替えてこい!」って…

実はこれ、昔僕が親や兄弟からいわれた言葉です。

最近はネットなどで色々な情報が入ってくるからかなり自由になってきているけど、いろいろな障害がまだまだあります。

「実は、小さいころから太っていて、体型や見た目に関して
強いコンプレックスを持っていました。」


中学生のころの身長は160cm。体重は70kg。

太っている自分の身体が嫌になり、なんとかしなければと汗をたらしなんとかシェイプアップ(現在の体重62kg、身長166cm)に成功させました。

服を初めて自分で買ったのはこのころ。

コンプレックスが自信に変わり、自然とオシャレに気をつかうようになり、
このころから暗く退廃的なデザインを好み多く取り入れるようになっていました。

「別になんて言われようと関係ない!」

「もっと○○らしい格好はできないの!?」
「恥ずかしいからもっとまともな格好をして」

20代前半のころはこう言われても、気にしない、俺には関係ない。
と自由な格好を楽しんでいました。

元々、ファッション関係以外の仕事をしていたのですが、
当時の僕は、かなり派手な格好を好んでいました。

服装に規定がなかったので、ジャケットにスタッズだらけや、超ボロボロのボトムスを履くなど、今思うとかなりアレなコーデで職場に向かったことがありました。

「お前もうちょっと考えろよ」と言われたことも。

これは、人相手の職場だったというのもあると思います。

仕事をするようになり、大人のスタイルが必要ということを理解して、
休日と平日でスタイルを分けることが必要でした。

しかし、今まで通り好きなデザインを手にとっても、これはもしかしたら…また何かいわれるかも。なんて徐々に避けるようになってしまいました。
行くお店もそういったところ。服を選ぶのも着るのも...満足のいくものではなかったので、飽きては捨てての繰り返し。

好きだったものが、目の前からなくなってしまい、
日々の中から何かがぬけていってしまう喪失感がありました。

同じように悩んでいる人は多いと思います。

仕事や日々の生活に追われ、周りの目線や意見に振り回され、
着ることを躊躇してしまう。

大人になってからも自分の好きなものを楽しみたい。

と思っていたその時!偶然お取り寄せという形を発見!

今の気持ちを最大限かなえてくれる方法はこれしかない!と

熱い気持ちと勢いそのままにショップをオープンしました。

無難な服でオシャレといわれるより、好きな世界観の服で、かっこいい/かわいいといわれるほうが絶対いい。

いきなり昔の服を今そのまま着たらいいじゃんとはいえません。

10、20代は、何を着ても問題がなかったけど、今はそうもいかない。
仕事や周りとの付き合いもあります。

開き直れれば一番簡単ですが、そう簡単なことじゃないですよね。

しかし、「自分の好きな世界観のものをひとつでも身に着けた時は、
特別な日の旅行やイベントがいつもより必ず楽しくなります。」

今のあなたに合うものを探しつつ、好きな世界観も少しずつ楽しむお手伝いをいたします。

そのため多くのデザインから今の自分にあったデザインをお届けできる
お取り寄せを取り入れたし、そして365日返品保証を付けました。

普段着はもちろん、職場でも自分の好きな世界観を楽しみたい。
僕はそんなあなたをマジで応援しています!

今日はドウケに来てくれてありがとうございます。

DOHKE/ドウケ



店長プロフィール



名前 内山裕太

生年月日 1987年7月20日

身長 166cm

体重 60kg

あだ名 うっちー うちさん

ペットの愛犬 ナナ♀(マルチーズ)



好きなスタイル オールブラック

好きなヘアスタイル ツーブロックかロング

趣味 旅行,お菓子作り,映画

特に好きなブランド Nuit clothing

好きなドラマ ストレンジャー・シングス,アメリカン・ホラー・ストーリー